2022-09-25

2022 Bol D'or 24h ボルドール24時間レース 観戦記

お気軽に、シェア歓迎です!


Bonjour 

町工場社長の地域密着型ブログへようこそ




先週末、ボルドール24時間レース100周年記念大会が開催され、前回のブログでお伝えしたとおり、友人が監督を務めるチームが参戦したので応援に行っておりました。
金曜の夜、仕事終わりから出発して400㎞走って現地へ到着、2泊の観戦後、日曜日の深夜に帰宅しました。

今回の観戦で自分がお伝えしたいのは以下の通りです。

「プライベートチーム」が自分たちの目標に向かって参戦を決め、自分たちの足でココにたどり着いたこと!


日本からは「テクニカルスポーツ」と「ヨシムラSEAT」がこの世界選手権に参戦。優勝候補の筆頭にあげられる強豪チームです。

いっぽう今回のチーム、「TONE RT SYNCEDGE 4413 BMW」は完全なるプライベートチーム。
全日本スーパーバイクで活動していますが、ワークスおよびレーシングチームとは一線を画したボランティアで活動するチームです。


そのチームが次の1ページ、「その向こうへ」のチームコンセプトを実現するために、そしてチーム員に世界での戦い、くわえて外国(フランス)を見せたい、体験させたい。。。という思いでここまでやってきました。渡航費は全員自費、会社を休んできているわけです。


しかし彼らにとって一生に残る体験が出来たことは間違いなかったと言うことと、その次の目標「その向こうへ」がどのような形でやってくるのか、また彼らがチャレンジするのか非常に楽しみです。

(前回のブログで「ある男たちの挑戦」と書きましたが、女性たちのフォロー、協力も頼もしいほどあり、間近で観戦させてもらい発見できたことだったので、訂正して女性たちの力が大きかったことを付け加えておきます!(^_^;)



レースはトラブルもあり、エンジンを降ろすという大手術もありましたが、色々な経験をしながら無事24時間を完走!最高の形で初めての24時間耐久を終えることが出来たと思います。

以下にレースの様子をまとめたリンクを紹介します。


動画で決勝レースの概要がつかめると思います。

そしてチーム代表が書くブログでは参戦に向けた困難や、フランス現地で起こった知り得なかった問題やトラブルなど書かれていますので、ぜひ覗いてみて下さい。プライーベーターらしい我々目線の親しみやすい内容です♡!!!
まずはレースの前に「外国あるある」が大変なんです。色々経験したようです笑

****************************************************************
決勝レース動画
グリッドからみたレースとチームの様子

****************************************************************

参戦記 Vol.1 参戦準備編 (準備〜出国〜フランス到着)
レースで戦う前にフランスと戦う♡
「フランスあるある」を沢山経験してたくましくなったようです!

****************************************************************

参戦記 Vol.2 予選編

予選中でもフランス、外国の洗礼に!
しかし無事乗り越えて決勝へ進出!

****************************************************************

Vol.3 決勝編
舞台裏の秘話、代表が秘めた決勝への思いと、完走後の決意。
参加しなければ分からない周りのチームの助け!


動画サブチャンネルAbonnez-vous  登録よろしくお願いします♡

下の「筆者バナー」 および
にほんブログ村 PVランキング「このブログに投票を押していただけると
励みになります。シルブプレ!

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

フランス(海外生活・情報)ランキング 
       ▼▽👇▽👇▼▽👇▽👇▼▽👇▼▽👇▼▽👇

またね À bientôt ! (あ びあんとぅ!) 

2022-09-11

ある男たちの挑戦

お気軽に、シェア歓迎です!


Bonjour 

町工場社長の地域密着型ブログへようこそ




フランスからこんにちは!
バイクレースネタです。

友人が監督を務めるバイクレースのチームが、フランスの歴史ある耐久レース、ボルドール24時間に参加します。
リンク 過去記事 開催地のポールリカールサーキット



世界最高峰の耐久レース選手権の一戦(最終戦)に今週、スポット参戦します
国内で全日本ロードレース選手権に2013年から参加しているチームですが、プラーベートチームなので、監督、ライダー、メカニックすべてのスタッフが自分の仕事の傍らレース活動をしています。いわゆる手弁当のボランティアで成り立っているチームです。
選手権では本業の「バイクメーカー、レース屋」たちに日々挑んでいるわけです。

TONE RT SYNCEDGE 4413 BMW




お金が掛かるスポーツ、いい年した親父たちが本気で10年近く頑張っているのを遠巻きながら応援させて貰っているのですが、以前はレース用スペシャルパーツなどを製造、提供(こちらは本業で(^_^;)したりしていました。

そんな彼らがフランスにやってくるので現地へ足を運ぶ予定です。
監督が現役レーサーだった頃からかれこれ20年以上の付き合いですが、「レース活動」を愛してさらに身を削る思いで「続ける」さまは頭が下がります。

2013年からは監督として、本業と二足のわらじで頑張っているのですが、鈴鹿8時間耐久でクラス優勝、クアラルンプール耐久で3位など着実にチーム力をあげて、いよいよフランスへ乗り込みます!!!


メーカーやレース屋では無い「プライベートチーム」ですが、ココでのご縁で興味を持っていただければ嬉しいです!

応援共々よろしくお願いしますm(_ _)m

以下リンク内で「日刊スポーツの記事」とともに詳しくご覧いただけます。
日刊スポーツボルドール特集
「ボランティアで集った男達が追う壮大な夢「その向こうへ~」/ボルドール特集」
前編
後編

あわせてチーム代表のブログが生々しくて面白いです。ただいま準備のまっただ中ですが、バイクや工具など梱包してフランスへ空輸するのですが、色々苦労している様子がご覧いただけます!
ブログ▼普段着のフランス▼
”8耐その後AP~ボルドール準備”

それではまた! À bientôt !! アビアントゥ!








動画サブチャンネルAbonnez-vous  登録よろしくお願いします♡

下の「筆者バナー」 および
にほんブログ村 PVランキング「このブログに投票を押していただけると
励みになります。シルブプレ!

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

フランス(海外生活・情報)ランキング 
       ▼▽👇▽👇▼▽👇▽👇▼▽👇▼▽👇▼▽👇

またね À bientôt ! (あ びあんとぅ!) 

2022-08-28

「日本人家庭」的フランスバカンス2022 その②

お気軽に、シェア歓迎です!


Bonjour 

町工場社長の地域密着型ブログへようこそ



フランスからこんにちは!
バカンス旅行記です。
その① で「å±±」編をお届けしました。今回その②では「æµ·」編をお届けします。

今年も日本へ帰れず、そのかわりこれまでフランスで磨かれたバカンス感覚を持って、在仏日本人家庭がどこに行って何をして、何を感じたのか、お伝えします。

そもそも「スペインへ行きたい」からはじまった今回の旅行の計画。
自宅からバルセロナまでは距離にして自動車で650km、6時間半で到着出来ることが改めて分かり、現実味を帯びる。ガウディを一目みたい。
アルプスを経験してトレッキングの魅力に取り憑かれ、フランスの代表的なもう一つの山脈「ピレネー」も経験してみたい……それなら一度で二度、「æµ·」「å±±」両方美味しい思いをしてしまおうというのが今回の発端でした。
「å±±」経由だと移動の負担も軽減され、Pyrénées経由でスペイン入り、バルセロナまで350kmです。


これまで「イタリア」「ドイツ」「スイス」と自動車で国境を越えてきましたが、「スペイン」は初めてです。しかしスペイン、フランス側のリゾート地はフランス人の人気のスポットでフランス語が使えるところも多いのです。

一般的に、我々がよく使う長期滞在スタイルの「AIR BnB」(キッチン付きレンタルハウス)。
一週間ほど滞在するのが欧州流で、炊事洗濯をしなければならないのですが、滞在費が安く済む、そして気兼ねなく過ごせる=旅行して疲れに行くのではなく「充電する」という意味でとても有効です。海辺だとMobilhome(モビロム)といわれるロッジがキャンプ場にありこれをよく利用します。

キッチン、バス付きのロッジ、バルコニーでBBQができます


しかしながらこれまでの経験から、今回は妻曰く
「たまには炊事しない滞在がしたい」
といわれ、まぁそれも一理ある!

とうことで今回選んだ海の滞在スタイルは「家族向けホテル」
一言でいうと「海ちか」のプール付き大衆リゾートホテルです。

ホテル駐車場の車のナンバーを見ると、フランスが約半分、次いでオランダ、ドイツ、ベルギースペイン……


食事はバイキング形式。ココでの滞在はひたすら浜辺で1日を過ごす、時々プール。
この流れだと日光を浴びてほどよく疲れた体にバイキング形式の食事がよく合うんです。一番大きなメリットは移動の必要が無く、全てホテルで完結。
特別美味しい物が出るわけではないですが、安定の食事が気兼ねなく楽しめる。食事の後は、プールサイドで毎晩何かしらのショーやコンサートがあるので、一杯やりながら眺めてゆっくりする。

徒歩数分の海水浴場、地中海、透明度良し、小魚が泳いでいました

多国籍なバイキング、お魚が美味しかった

ココナッツをその場で割って、飲ませてくれるココナッツ売り!我々が命名した「CoCo爺」

家族向け海水浴場なので、アクティビティも豊富、SASUKE 1時間で15€

安くて美味しい!!!

こういうホテルの滞在スタイルをフランスで初めて経験したのですが、空っぽ(vacancesの語源)にするにはもってこいの時間の流れでした。レンタルハウスだと食事の用意、買い出し、……を考えなければならない、時として地元の食材探しも楽しいのですが……
今回は過ごし方をあれこれ考えなくて良い、あくせくしない時間の流れを手に入れることができました。

朝の景色、 ホテルから海へ向かう歩道 ここは夜になると夜店が並び多くの人で賑わいます

砂は粒が大きめで、波がくると「サラサラ」と心地よい音がします

朝の海岸を散歩




結局子供に反対されてバルセロナにはいけませんでした。終始「æµ·」!
バルセロナはトップシーズン以外で又チャレンジします♡

これにて総距離1700kmの旅が終わりました。
高速道路の巡航速度は130㎞、高速道路も無料区間が多く、フランスでの車での移動はストレスが大変少ないです。





いかがだったでしょうか?

多くのフランス家庭は夏バカンス以外に冬、春、秋も2週間休みがあるので家族で旅行に行ったり、触れ合える機会が多いです。
私の仕事上、そこまで染まるのが難しいのですが、子供によると、他の季節の休みにどこにも行かないのはクラスメイトに驚かれるようです。
フランス人の「バカンス上手」は我々にとって未知数な部分がまだ多く、道半ばです。

しかしこうやって夏のバカンスを欧州で経験することは我々日本人家庭にとって、子供達にとって、フランス社会で暮らす上で貴重であり、重要な体験となります。

来年こそは日本に帰国したいのですが情勢がコロナ、戦争以前と同じに戻ることを願ってやみません!

おまけ
車でスペイン国境を越えたときの動画です。普通の県道を走ってあっけなくスペインへ……



動画サブチャンネルAbonnez-vous  登録よろしくお願いします♡

下の「筆者バナー」 および
にほんブログ村 PVランキング「このブログに投票を押していただけると
励みになります。シルブプレ!

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

フランス(海外生活・情報)ランキング 
       ▼▽👇▽👇▼▽👇▽👇▼▽👇▼▽👇▼▽👇

またね À bientôt ! (あ びあんとぅ!)