2021-04-16

🇫🇷フランス ビール事情!

Bonjour 
町工場社長の地域密着型ブログへようこそ

🇯🇵ビール 🇫🇷Bière 🇬🇧Beer

 


フランスのビール事情

ですが、ステレオタイプの印象だとワインが主流でビールはマイナーなイメージがありますが、フランスの食事はアペロという食事の前の軽食という文化があり、アペロでは軽いつまみを食べながらビールやシャンパン、カクテルなどをたしなみます。食事が始まるとワインを飲むというのが一般的です。
スーパーなどの売り場では多くの種類のビールにお目にかかれます。国、タイプ、ラベルも色とりどりで様々です。



多くはビールで有名なお隣ベルギーの歴史のある由来のビールの影響が強いのですが、フランスでも多く醸造されていて、メーカーも存在します。
日本はスーパードライに代表される下面発酵の切れがよい苦みを伴う味わいですが、欧州ではそれともう一つ、上面発酵のビールが多く呑まれています。歴史的にその各地方や土地の修道院で作られはじめたことが発祥で、現在のような大量生産ではなく地域で醸造され、消費されたことでその特徴が様々です。
「地ビール」という言葉はまさしく「ビール」の由来そのもののあり方を指しています。

今回はスーパーでよく見かけるビールを中心として、集めた情報と試飲した印象をお届けします。
2023年ワールドカップラグビーフランス大会、スタジアムで飲む生ビールも美味しいですが、こんな楽しみ方もいかがでしょうか?フランスにこられた際にはレストラン以外でもこういったビールを買って味わってみてください!価格は500ml

  1. PELFORTH 🇫🇷
  2. GRIMBERGEN
  3. Affligem
  4. Leffe
  5. Kronenbourg 🇫🇷
  6. Heineken


1. PELFORTH

分類   上面発酵ビール
 
ベルギーに国境を接するフランス北部の町Lille(リール)発祥のビールメーカー 現在はハイネケングループに属しています
1921年に3人の醸造家がBrasserie du Pélican(ブラッスリー「ペリカン」)を設立、それが現在のロゴの原型です

原産国 France
製造社 Heineken

○ Blond 黄金色

Alc度 5,8%
価格   (1.94€)

(Dégustation 試飲)
一般的な芳醇なプレミアムビールと言う印象。レストランなどでもこの名前がメニューにあることがよくあます。泡立ちも良く、癖のない口当たり。日本のドライなどに象徴されるキリッとした口当たりとくらべると濃い味わいに感じます。地ビールという響きが近いかも知れません。しかし日本人の口に合うビールです。

                                                                                                                                                                                      

 Brune 黒ビール
Alc度 6.5%
価格   (1.93€)

(Dégustation 試飲)
褐色の色合いで、色のイメージ通りキャラメルまたはハチミツの強い味と、わずかにコーヒーの味がを感じます。ダークビールとしては、比較的甘く、苦味はあまりありません。
日本にはない独特な味わいです。




2. GRIMBERGEN   

分類 Bière d'Abbaye 修道院ビール

発祥は1100年代から醸造された修道院ビール(Bière d'abbaye)に端を発するベルギービール。Grimbergem修道院が名前の由来。ロゴに書かれた「鳳凰」Phoenix は何度も襲撃を受けたり破壊された修道院が何度も復活して存続した由来が「不死鳥」として描かれています。

原産国   フランス
製造販売  Kronenbourg SAS

○ Blond 黄金色 
Alc度 6.7%
価格   (1.96€)
(Dégustation 試飲)
エールビールとして売られていますが、苦みなど少なく、マイルドな口当たりです。すこし甘みが感じられますが、親しみやすい部類です。泡立ちは良く、エールビールの特徴を残しつつ一般向けに改良されている印象を受けます。生産者直のエールビールは瓶内で発酵するので開けた途端あふれ出るのが印象的で、苦みを強く感じるのですが、その当たりは物足りない印象です。



                                                                                                                                                                                      

○ Rouge 赤ビール(フルーツ)

Alc度 6.0%
価格   (1.96€)

(Dégustation 試飲)
日本人にはなじみのないフルーティーな味わいのビールです。写真でも分かるとおり、液体も泡も赤みがかっています。欧州ではよくあるカクテル的なビールです。フランボワーズか苺の香りが強く表れていて、初めて呑んだら日本人的には「なんだこれ?」となりますが、この手のビールは欧州では多いです。欧州でなければ味わえない印象の強いビールなので、経験として物の試しに呑んでみる価値はあると思います。女性にはカクテル的な味わいなので受けが良いかもしれません!

                                                                                                                                                                                      

3. Affligem   

分類 Bière d'Abbaye 修道院ビール

Alc度 6,7%
価格   1.89€

(Dégustation 試飲)
修道院ビールの特徴である泡立ちが良いのは共通で、フルーティーさと酸味を感じる。綺麗な琥珀色でなじみのある色合いと見た目です。タイプ的には軽いので何杯でもいけそうです。こちらも日本のドライ系の好みの方には少し合わないと思います。レストランなどでもよく見かけます。

                                                                                                                                                                                      

4. Leffe  

分類 Bière d'Abbaye 修道院ビール

Leffeはベルギーを代表する上面発酵のアビービール。1240年からベルギー南部のレフ修道院で醸造が始まり今に至ります

原産国  Bergique
製造社 InBev Belgium

○ Blonde 
Alc度 6,6%
価格   1.49 €

(Dégustation 試飲)
アビービールの特徴である良い泡立ちと程よいブロンド色。
少し甘めだが、他のBlondビールと比べてもベーシックな味わい。特に癖は強くなく、欧州Blondを初めて味わう方には基準となるお勧めの一本です。


                                                                                                                                                                                      

5. Kronenbourg   ðŸ‡«ðŸ‡·

分類 下面発酵ビール

フランスを代表するビールメーカーであり、その商品名。1664年からフランス東部 アルザスで醸造が開始される。醸造当初は上面発酵を製造していた。

原産国  France
製造社 Kronenbourg SAS

○ Blonde 
Alc度 4,2%
価格   0.98 €  今回紹介した中で最も安い

(Dégustation 試飲)
アルコール度数も低く、上面発酵のビールとは対照的な軽い口当たりのビール。色も軽い褐色。簡単に例えるなら「上面発酵」が一番味わいが濃く、このビールが「一番薄い」印象。日本のビールはその中間に位置するイメージ。アペロで食べ物の邪魔をせず、喉を潤す目的なら最適。ビールそのものを味わいたいなら物足りない印象です。
                                                                                                                                                                                      

○ Blond intense ブロンド強アルコール

Alc度 7,2% 今回の中でもっとも強い
価格   1.39 €  

(Dégustation 試飲)
上記のスタンダードタイプに比べてしっかりした味わい。ブロンド感が適度にあり、軽さは感じず、アルコール度数が高いせいか、味がしっかり際立っている。フランスビールは軽いというイメージがあったが、これは良い意味で裏切ってくれています。変に甘過ぎず、軽すぎない、ビール本来の味とキレが両立されたビール。日本のラガービールに慣れた人へ、自分のお勧めです。ラガーよりも少し「芳醇さ」があるビール。


                                                                                                                                                                                     

○1664 Premium 










Alc度 5,5%
価格   1.24 €  

(Dégustation 試飲)
どこのスーパーにもある定番ブランスビール。軽い飲み口が特徴で飽きの来ない味。日本のラガータイプや上面発酵的な地ビール好きには物足りなさがある。アペロで口を潤すには最適な、食べ物を邪魔しない優等生。糖質、カロリーを抑えた日本の発泡酒のような印象。バーなどでもよく見かけます
                                                                                                                                                                                    

6. Heineken

分類 下面発酵ビール

欧州を代表する世界的なビールメーカーであり、ハイネケンホールディングスはオランダが発祥。日本でも知れ渡っていますね。

原産国  オランダ
製造社 Heineken

○ Blonde 








Alc度 5,0%
価格   1.44 €  

(Dégustation 試飲)
癖がなく、軽すぎもしない下面発酵の優等生、世界で飲まれている理由がよくわかる、飽きの来ないスタンダード。人によって日本のビールと比べると軽さがあり少し物足りなさが残るかも。先に紹介したフランス産ビールが軽さの代表で、これはそれと日本のラガービールの中間あたり。フランスで飲むビールに困ったらこれをお勧めします!



フランスでビール

日本との大きな違いとして価格があります。欧州では日本と比べるとビールが安いので、気軽に飲めます。そのかわり日本には安い発泡酒がありますね。

スーパードライと比較すると、500mlを270円として€æ›ç®—すると「約2.1€」なので、1€å‰åŠã®æ¬§å·žãƒ“ールのコストパフォーマンスの良さが分かります。ただし欧州でスーパードライを買おうとすると生産は欧州なのですが、瓶ビール330ml が2,23€ã¨ã•ã‚‰ã«ä¾¡æ ¼å·®ãŒåºƒãŒã‚Šã¾ã™。逆に日本で欧州産のビールを買おうとすると、1,5倍くらいでしょうか?

最近流行のサーバーも5Lで19€、嬉しい安さです!

日本だと5000円以上するようです


もう一つ、法律が違います。フランスでは日本と酒造の法律が違うので、一般顧客向けに醸造を提供するところがあります。醸造所で申し込みをすると樽を借りる形で個人のビールが製造できます。

もう一つの違いとして、製造場所があります。原産は外国でも製造がフランスで行われているものも沢山あり、これはビールに限ってのことではないのですが、地続きの欧州ならではですね。日本のスーパードライはドイツで作られています。


いかがだったでしょうか? ドイツやベルギーは美味しいビールが有名ですが、フランスでも紹介したとおり日本でお目にかからないテイストが沢山あり、価格が安いのでスーパーなどで気軽に買えます。フランスに来られた際には今回の記事を参考にぜひお試し下さい!


バーでこのフレーズを使えれば、フランス語でビールが注文できます!!!

Une bière s'il vous plaît 「ビールひとつお願いします!」ユヌ ビェゥ スィル ヴ プレェ



動画サブチャンネルAbonnez-vous  登録よろしくお願いします♡

下の「筆者バナー」 および
にほんブログ村 PVランキング「このブログに投票を押していただけると
励みになります。シルブプレ!

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

フランス(海外生活・情報)ランキング 
       ▼▽👇▽👇▼▽👇▽👇▼▽👇▼▽👇▼▽👇

またね À bientôt ! (あ びあんとぅ!) 

0 件のコメント:

コメントを投稿